境内案内図

境内案内図

境内案内図 本殿 おせき稲荷社 水天宮 庚申塔 畜霊社 総霊社 社務所・授与所 待合所 社務所 飛柏槇(ひびゃくしん) 千貫松(せんがんまつ) 名島(菜島) みそぎ橋 マルチーノ公使ベルツ博士記念碑 詩人・堀口大学  詩碑 昭和天皇御即位の御大典記念碑 大正天皇御即位の御大典記念碑 高橋是清 歌碑 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌 源頼朝公別墅跡 侯爵細川家  松樹五百本寄進の碑 石原裕次郎 記念碑 葉山灯台(裕次郎灯台) 森戸の夕照(もりとのせきしょう) 車祓所 駐車場 森戸海岸 富士山 江の島 子宝石納所 車いす・ベビーカー用スロープ
本殿

本殿

葉山町重要文化財

鎌倉時代に創建され、400年以上の歴史を誇るご本殿は、現在「葉山町の重要文化財」に指定されています。
晴れた日には、ご本殿より青く澄んだ美しい海を一望することができ、大変すがすがしいものです。

案内図へ戻る

おせき稲荷社

御祭神 宇迦之御魂大神

例祭日 4月8日

古来より「せきが止まらない人」、「喉を使う職業の人」たちの、篤い信仰があります。

案内図へ戻る
水天宮

水天宮

御祭神 天御中主大神

例祭日 5月4日

「まいられよ 子宝の福 さづかりに」と俳句に詠まれるほど古来より安産・子宝の篤い信仰があります。現在でも安産や子宝を願い、日本全国から多くの参拝者が訪れ、御神徳を仰いでいます。

案内図へ戻る
庚申塔

庚申塔

葉山町重要文化財

御祭神 猿田彦大神

猿田彦大神を祀った庚申塔は葉山町唯一で、三浦半島では珍しい流れ造りの石祠です。

案内図へ戻る
畜霊社

畜霊社

御祭神 保食神

例祭日 4月6日

かつて、多くの家畜が疫病にかかった時、この社にお参りしお願いすると病から免れることができたと云われ、以来家畜(ペット)の守護神として篤い信仰があります。

案内図へ戻る
総霊社

総霊社

御祭神 英霊 祖霊 水子の霊

例祭日 7月13日

英霊、祖霊をはじめ水子の霊など、この社には多くの霊がまつられています。「どなたの霊」でもおまつり致しますので、ご相談下さい。

案内図へ戻る
社務所・授与所・待合所 社務所・授与所・待合所

社務所・授与所・待合所

参拝者にお札・お守りなどをお頒ちするところです。ご祈願のお申込みも授与所にて受付けます。
授与時間 午前9時~午後4時(年中無休)

個人や団体で昇殿参拝する方々の控え室としてご利用いただいております。
トイレ 授乳スペース おむつ替えシート完備

 

案内図へ戻る
待合所

待合所

個人や団体で昇殿参拝する方々の控え室としてご利用いただいております。
トイレ おむつ替えシート完備

案内図へ戻る
手水舎

手水舎

参拝の前に、手を洗い口をすすぎ略式の禊を行い、心身を清める場所です。

案内図へ戻る
参集殿

参集殿

来客や祭典奉仕者などをお迎えする施設として、また、結婚式の控え室としても利用されています。

案内図へ戻る
飛柏槇(ひびゃくしん)

飛柏槇(ひびゃくしん)

かながわの名木100選  葉山町指定天然記念物

元暦元年(1184年)、源頼朝公が当社を参拝の折、三島明神から飛来し発芽したものと伝えられ、樹齢800年を誇る当社の御神木です。
古木が海上に乗り出した姿は非常に珍しく、葉山町天然記念物にも指定されています。
みぞぎ橋、もしくは神社裏手の階段を昇るとご覧になれます。

案内図へ戻る
千貫松(せんがんまつ)

千貫松(せんがんまつ)

神社裏手磯辺の岩上に切り立つ見事な枝ぶりの松の木です。
源頼朝公が衣笠城に向かう途中、森戸の浜で休憩した際、岩上の松を見て「如何にも珍しき松」と褒めたところ、出迎えの和田義盛は「我等はこれを千貫の値ありとて千貫松と呼びて候」と答えたと言い伝えられています。

案内図へ戻る
名島(菜島)

名島(菜島)

神社裏手の磯辺より沖合い700メートルに浮かぶ小さな島で、赤い鳥居が目印です。
名島の左側には「葉山灯台(裕次郎灯台)」があり、夕陽に照らされて茜色に照らし出される姿は大変美しく、時間をも忘れるほどです。

案内図へ戻る
みそぎ橋

みそぎ橋

この森戸の海浜は、鎌倉時代に七瀬祓の霊所と定められ、事あるごとにお祓いやみそぎが行われたと「吾妻鏡」に記されています。
このような故事により、この海辺で「みそぎ」が盛んに行われ、神社から海辺に通じる橋を「みそぎ橋」と呼ぶようになったと言い伝えられています。
「みそぎ」とは重大な祭事の前に海水を浴び、罪穢を祓いのけ、身を洗い清めることです。神社入り口を右方向に曲がるとご覧になれます。

案内図へ戻る
マルチーノ公使ベルツ博士記念碑

マルチーノ公使ベルツ博士記念碑

マルチーノ公使・ベルツ博士は葉山が黒潮の影響で冬は暖かく夏は涼しい温暖の地で、風光明媚であるということに注目し「葉山」が保養の地として最適であると皇室に進言し、明治27年に葉山御用邸が造営されました。その功績を称えて建てられました。

案内図へ戻る
詩人・堀口大学  詩碑

詩人・堀口大学  詩碑

「花はいろ 人はこころ」 堀口大學
町制50周年を記念して建てられました。

案内図へ戻る
昭和天皇御即位の御大典記念碑

昭和天皇御即位の御大典記念碑

昭和天皇の御即位50年を記念し、昭和50年に建てられた記念碑です。

案内図へ戻る
大正天皇御即位の御大典記念碑

大正天皇御即位の御大典記念碑

大正天皇の御即位を記念して、大正4年に建てられた記念碑です。

案内図へ戻る
高橋是清 歌碑

高橋是清 歌碑

「堪忍の 股よりのぞけ 富士の山」 高橋是清

案内図へ戻る
明治天皇御製 昭憲皇太后御歌

明治天皇御製 昭憲皇太后御歌

明治天皇  海辺雪 歌碑
「波のうへに 富士のね見えて くれ竹の 葉山の浦の 雪はれにけり」
照憲皇太后 里神楽 歌碑
「くれ竹の 葉山の宮に きこゆるや 森戸あたりの かぐらなるらむ」

案内図へ戻る
源頼朝公別墅跡

源頼朝公別墅跡

源頼朝公がこの地に別邸を建て、笠懸を催したり、三代将軍 源実朝や四代将軍 藤原頼経なども来遊した記録が「吾妻鏡」に残されています。

案内図へ戻る
侯爵細川家  松樹五百本寄進の碑

侯爵細川家  松樹五百本寄進の碑

侯爵であった細川家より、当神社に松の木500本が寄進された記念として建てられました。

案内図へ戻る
石原裕次郎 記念碑

石原裕次郎 記念碑

神社裏手の海岸入り口には、湘南で青春を過ごし、この地をこよなく愛した俳優、故石原裕次郎さんの記念碑があり、今も多くのファンが訪れています。
石碑には裕次郎のブロンズ像、石原慎太郎氏自筆の詩が刻まれています。
「夢はとおく 白い帆に のって 消えていく 消えていく 水のかなたに太陽の季節に 実る狂った果実たちの 先達 石原裕次郎を 偲んで」平成元年7月17日 石原慎太郎

案内図へ戻る
葉山灯台(裕次郎灯台)

葉山灯台(裕次郎灯台)

ヨットマンだった石原裕次郎さんの三回忌を偲び、1980年から1993年まで日本外洋帆走協会の会長を務めた、兄の石原慎太郎さんが約1億円の基金を集めて建設しました。灯台のプレートには「海の男 裕次郎に捧ぐ 葉山灯台」と刻まれています。

案内図へ戻る
森戸の夕照(もりとのせきしょう)

森戸の夕照(もりとのせきしょう)

かながわの景勝50選

晴れた日の夕暮れ時に足をお運び下さい。
神社裏手の海岸入り口からは、夕暮れの時刻になると江ノ島、伊豆や箱根の山並み、富士山をも包み込むようにして空が茜色に染まり、それが海に照らしだされ、刻々と変化するその光景は大変美しいものです。

案内図へ戻る
車祓所

車祓所

「車祓所」にて交通安全祈願のご祈願を受付致しております。
本殿内にてご祈願の後にお車をお祓いします。

詳しくは社務所までお問い合わせ下さい。
046-875-2681(受付時間 午前9時~午後4時 年中無休)

案内図へ戻る

駐車場

 
案内図へ戻る
森戸海岸

森戸海岸

関東の富士見百選

遠浅で波穏やか、砂浜が広く葉山で最も有名な森戸海水浴場があります。
海岸からは伊豆半島や、富士山、江ノ島も見える景勝地。
夕暮れ時の「森戸の夕照」は「かながわの景勝50選」に選ばれており、美しい景色を望むことができます。

案内図へ戻る
富士山

富士山

世界文化遺産

相模湾越しの富士山はまさに絶景。
気象条件がよければ年に2回(4月と9月)に「ダイヤモンド富士」を見ることができます。
「ダイヤモンド富士」とは、太陽が富士山山頂に重なる時の現象で、その現象は太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に現れます。
三浦半島からは太陽が昇る姿は撮影できませんが、日没時に富士山と光輝く太陽が織りなす光景はまさに自然の芸術、全国各地からプロアマ問わず、多くのカメラマンが奇跡の瞬間を写真に収めるため訪れます。

案内図へ戻る

江ノ島

 
案内図へ戻る
子宝石納所

子宝石納所

子宝石をお受けになり、赤ちゃんを授かったご夫婦がご出産の後、お宮参りに合わせて子宝石をお戻しいただく場所です。
納める際は、子宝石へお子様のお名前をご記入いただき、お子様が石のように丈夫でありますよう願いを込めてお戻しください。

案内図へ戻る
車いす・ベビーカー用スロープ

車いす・ベビーカー用スロープ

本殿前までスロープをご利用いただけます。
駐車場から直結のため、赤ちゃんからご年配の方まで、安心してご参拝いただけます。

案内図へ戻る
ページの先頭へ